公的年金について

公的年金だけで老後の生活は可能か?(その1)

家族が居る人にお勧めの生命保険の見直し相談です!

あなたのFP」は、お客様満足度95%の保険の人気の無料の保険相談です。「あなたのFP」は、特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるので中立的な立場でのアドバイスが貰えるのが嬉しいとことろです!

あなたのFPのバナー
公式サイトはコチラ ⇒ 【あなたのFP】無料保険相談サービス



スポンサーリンク

ここでは、公的年金だけで老後の生活をおくっていく事が可能かを見ていきます。



【公的年金だけで老後の生活は可能か?】


前のページでも紹介しましたが、総務省の統計局ホームページの平成17年度の家計調査年報の「1世帯当たり1か月間の収入と支出(全世帯)」による現在の老後を過ごしている人の生活費は下記のようになります。

【60歳〜の生活費】

・60〜69歳の場合
生活費は、263,382円になります。
・70歳〜 の場合
生活費は、202,554円になります。
・65歳〜 の場合
生活費は、219,187円になります。

のようになってます。


ここで、公的年金がどのくらい貰えるのかを見てみます。ただし、公的年金額は、人それぞれ違ってきます。そこで、ここでは、厚生労働省が公的年金のモデルケースというものを出していますので、この金額を参考にしてみますと、公的年金の平均支給額は、月額233,000円になります。



この233,000円という数字を見ると上記の「60歳〜の生活費」と照らし合わせると、「60〜69歳の場合」のデータは、働いている人も含まれますので、日々の生活は何とかできそうです。



ここで、厚生労働省を信用しない訳ではありませんが、社会保険庁のホームページで年金のシュミレーションが出来るサービスを提供していますので、試しにシュミレーションしてみました。


・シュミレーション例1
シュミレーションの例では、
・夫が40年間サラリーマン
・妻が50年間主婦
(こんな人は少ないと思いますが)
として、夫が厚生年金に40年間加入した場合で
夫の平均給与月額は、25万円とした場合、

貰える年金額は、

夫は、年額167万円の年金が貰えるようです。
妻は、年額79万円の年金が貰えるようです。
夫婦で、年額246万円、月額で20.5万円になります。



・シュミレーション例2
シュミレーションの例では、
・夫が40年間サラリーマン
・妻が50年間主婦
(こんな人は少ないと思いますが)
として、夫が厚生年金に40年間加入した場合で
夫の平均給与月額は、33万円(*1)とした場合、

貰える年金額は、

夫は、年額194万円の年金が貰えるようです。
妻は、年額79万円の年金が貰えるようです。
夫婦で、年額273万円、月額で22.75万円になります。

*1)33万円は、老齢厚生年金を受給しておられる方の平均給与月額(平成12年3月末)


シュミレーションをしてみると厚生労働省が公的年金のモデルケースは、まあまあ正しい数字のようでした。しかし、夫の平均給与月額は、33万円という計算です。昔なら会社に勤めていれば年功序列で給料が自然に上がっていましたが、昨今、成果主義を導入する企業が増えたり、大企業でもベースアップをなかなか行わない企業が増えています。このような状態で、平均給与月額が33万円を維持できるのかは疑問に思うところがありますが・・・。


このように
夫の平均給与月額33万円の人なら、老後はなんとか生活していけそうです。
しかし、平均給与月額が25万円の人は、少々厳しいようです。


上記の例は、会社勤めをしているサラリーマンの人を例にしてみました。
次のページからは、自営業やフリーで働いている人を見てみたいと思います。


では、次は、「公的年金だけで老後の生活は可能か?(その2)」



スポンサーリンク




より良い老後の過ごし方・・・知りたいですか?




老後の生活設計(リタイアメントプラン)を考える時にオススメなのが生命保険や医療保険などの保険の無料相談です。

何故か?

理由は簡単です。
定年退職後の老後の生活に備えて生命保険・医療保険を準備するという事は、つまり、老後の生活を考え設計することとイコールだからです。
生命保険は、あなたがどのような老後の生活をしたいかと言った事を前提に、最適な保険が決定していきます。だから、定年退職後の老後の生活を考えるときには、生命保険の見直しを行うことで、自然と定年退職後の老後の生活設計も出来ていくことになります。

でも、生命保険や医療保険の見直しを保険の専門家に相談すると、保険会社が売りたい保険商品を売りつけられるのでは・・・と不安に思うかもしれません。

そのような売り込みがなく、生命保険、医療保険の見直しをきっかけに、中立的な立場に立って、しっかりと老後の生活の準備をするための相談をすることが出来るのが独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)です。 下記のランキングでは、あなたの立場に立って中立的な視点であなたの老後の保険の相談に無料でのってくれるところを紹介していますので参考にして頂ければと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモス 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談保険マンモス(公式サイト)




2006年09月20日 03:36