老後に必要な貯蓄額

老後を迎えるにあたって必要な貯蓄額は?(その2)

家族が居る人にお勧めの生命保険の見直し相談です!

あなたのFP」は、お客様満足度95%の保険の人気の無料の保険相談です。「あなたのFP」は、特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるので中立的な立場でのアドバイスが貰えるのが嬉しいとことろです!

あなたのFPのバナー
公式サイトはコチラ ⇒ 【あなたのFP】無料保険相談サービス



スポンサーリンク

ここでは、老後を迎えるにあたって、安心して老後を暮らしていく為にどれくらいの貯蓄額が必要かを見ていきます。


【日常生活費用以外の老後の支出を加える場合】

今までは、日常生活をしていく点について絞ってみてきました。
次に日常生活を行う以外の費用をプラスして考えてみます。



日常生活以外に必要な費用とは、各自によって違ってきますが、一般的には、下記のようなものが上げられると思います。


【日常生活費用以外の支出】

・住宅の修理・改築費
・子供の結婚援助費用
・海外・国内旅行費用
・車の買い換え
・葬式代
 など

の日常生活以外の支出は、一般的に2,000万円ぐらい必要と言われています。
この金額を老後に必要な貯蓄に追加すると、

【最低日常生活を送る場合】
134万円(最低日常生活時の貯蓄) + 2,000万円 = 2,134万円 

【ゆとりある老後の生活を送る場合】
3,933万円(よとりある老後時の貯蓄) + 2,000万円 = 5,933万円


自営業者、フリーの人の場合は、

【最低日常生活を送る場合】
4,734万円(最低日常生活時の貯蓄) + 2,000万円 = 6,734万円

【ゆとりある老後の生活を送る場合】
8,433万円(よとりある老後時の貯蓄) + 2,000万円 = 10,433万円



このような結果になります。日常生活費以外の費用は、個人差がありますので、この通りになるとは限りませんが、参考にして頂ければと思います。




最後に、注意点としては、今後、年金の支給開始が段階的に遅らされ、最終的には、65歳からの支給になります。また、支払われる年金額も年々見直されて少なくなってきています。その為、出来るだけしっかりと老後の資金計画をして、しっかり貯蓄しておく事をお勧めします。この為にも、老後は少しはゆとりがある生活をしたいと思う人は、個人年金などの自己資金で老後資金を確保する事も考えてみては良いのではないでしょうか。


では、次は、「公的年金だけで老後の生活は可能か?(その1)」



スポンサーリンク




より良い老後の過ごし方・・・知りたいですか?




老後の生活設計(リタイアメントプラン)を考える時にオススメなのが生命保険や医療保険などの保険の無料相談です。

何故か?

理由は簡単です。
定年退職後の老後の生活に備えて生命保険・医療保険を準備するという事は、つまり、老後の生活を考え設計することとイコールだからです。
生命保険は、あなたがどのような老後の生活をしたいかと言った事を前提に、最適な保険が決定していきます。だから、定年退職後の老後の生活を考えるときには、生命保険の見直しを行うことで、自然と定年退職後の老後の生活設計も出来ていくことになります。

でも、生命保険や医療保険の見直しを保険の専門家に相談すると、保険会社が売りたい保険商品を売りつけられるのでは・・・と不安に思うかもしれません。

そのような売り込みがなく、生命保険、医療保険の見直しをきっかけに、中立的な立場に立って、しっかりと老後の生活の準備をするための相談をすることが出来るのが独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)です。 下記のランキングでは、あなたの立場に立って中立的な視点であなたの老後の保険の相談に無料でのってくれるところを紹介していますので参考にして頂ければと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモス 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談保険マンモス(公式サイト)




2006年09月20日 03:35