老後に必要な生活費

統計上の生活費はどれくらいか

家族が居る人にお勧めの生命保険の見直し相談です!

あなたのFP」は、お客様満足度95%の保険の人気の無料の保険相談です。「あなたのFP」は、特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるので中立的な立場でのアドバイスが貰えるのが嬉しいとことろです!

あなたのFPのバナー
公式サイトはコチラ ⇒ 【あなたのFP】無料保険相談サービス



スポンサーリンク

ここでは、平成17年度の家計調査年報の「1世帯当たり1か月間の収入と支出(全世帯)」を元に60歳以上の人が実際にどれくらいの生活費で生活しているのかを確認します。


【統計上の生活費はどれくらいか】

ここで提示しているデータ元は、総務省の統計局ホームページの平成17年度の家計調査年報の「1世帯当たり1か月間の収入と支出(全世帯)」です。



【消費支出】
消費支出とは、1ヶ月の生活費になります。

・60〜69歳の場合
生活費は、263,382円になります。
・70歳〜 の場合
生活費は、202,554円になります。
・65歳〜 の場合
生活費は、219,187円になります。


下記に食料費住居費などの詳細を見ていきます。
この詳細を見ることで何にどれくらいの費用を使っているかが分かります。




【食料費】
1ヶ月の食費に使う費用です。
外食の費用も含まれています。

・60〜69歳の場合
食料費は、61,148円になります。
・70歳〜 の場合
食料費は、49,377円になります。
・65歳〜 の場合
食料費は、52,554円になります。




【光熱・水道費】
光熱・水道費には、「電気代」、「ガス代」、「上下水道料」が含まれます。

・60〜69歳の場合
光熱・水道費は、19,124円になります。
・70歳〜 の場合
光熱・水道費は、17,112円になります。
・65歳〜 の場合
光熱・水道費は、17,576円になります。




【住居費】
住居費には、「家賃地代」、「設備修繕・維持」が含まれます。

・60〜69歳の場合
住居費は、19,365円になります。
・70歳〜 の場合
住居費は、16,332円になります。
・65歳〜 の場合
住居費は、16,750円になります。




【家具・家事用品費】
家具・家事用品費には、「家庭用耐久財」、「室内装備・装飾品」、「寝具類」、「家事サービス」が含まれます。

・60〜69歳の場合
家具・家事用品費は、9,381円になります。
・70歳〜 の場合
家具・家事用品費は、7,735円になります。
・65歳〜 の場合
家具・家事用品費は、8,295円になります。




【保健医療費】
保健医療費には、「医薬品」、「健康保持用摂取品」、「保健医療用品・器具」、「保健医療サービス」が含まれます。

・60〜69歳の場合
保健医療費は、13,510円になります。
・70歳〜 の場合
保健医療費は、12,206円になります。
・65歳〜 の場合
保健医療費は、12,912円になります。




【被服及び履物費】
被服及び履物費には、「和服」、「洋服」、「生地・糸類」、「他の被服」、「履物類」、「被服関連サービス」が含まれます。

・60〜69歳の場合
被服及び履物費は、10,513円になります。
・70歳〜 の場合
被服及び履物費は、7,729円になります。
・65歳〜 の場合
被服及び履物費は、8,346円になります。



【教育費】
教育費は、下記になります。

・60〜69歳の場合
教育費は、876円になります。
・70歳〜 の場合
教育費は、537円になります。
・65歳〜 の場合
教育費は、538円になります。




【教養娯楽費】
教養娯楽費には、「教養娯楽用耐久財」、「教養娯楽用品」、「書籍・他の印刷物」、「教養娯楽サービス」などが含まれます。

・60〜69歳の場合
教養娯楽費は、28,560円になります。
・70歳〜 の場合
教養娯楽費は、20,982円になります。
・65歳〜 の場合
教養娯楽費は、23,242円になります。




【交通・通信費】
交通・通信費には、「交通費」、「自動車等関係費」、「通信費」が含まれます。

・60〜69歳の場合
交通・通信費は、29,113円になります。
・70歳〜 の場合
交通・通信費は、16,555円になります。
・65歳〜 の場合
交通・通信費は、19,591円になります。




【その他の消費支出】
その他の消費支出には、「諸雑費」、「こづかい」、「交際費」、「仕送り金」や使途不明の金額が含まれます。

・60〜69歳の場合
その他の消費支出は、71,793円になります。
・70歳〜 の場合
その他の消費支出は、54,000円になります。
・65歳〜 の場合
その他の消費支出は、59,383円になります。


このように現在、老後を過ごしている人の生活費を細かく見てみました。
次のページでは、この現在の老後を過ごしている人の生活費を元に老後の公的年金で生活できるかを見ていきます。


では、次は、「老後を迎えるにあたって必要な貯蓄額は?(その1)」



スポンサーリンク




より良い老後の過ごし方・・・知りたいですか?




老後の生活設計(リタイアメントプラン)を考える時にオススメなのが生命保険や医療保険などの保険の無料相談です。

何故か?

理由は簡単です。
定年退職後の老後の生活に備えて生命保険・医療保険を準備するという事は、つまり、老後の生活を考え設計することとイコールだからです。
生命保険は、あなたがどのような老後の生活をしたいかと言った事を前提に、最適な保険が決定していきます。だから、定年退職後の老後の生活を考えるときには、生命保険の見直しを行うことで、自然と定年退職後の老後の生活設計も出来ていくことになります。

でも、生命保険や医療保険の見直しを保険の専門家に相談すると、保険会社が売りたい保険商品を売りつけられるのでは・・・と不安に思うかもしれません。

そのような売り込みがなく、生命保険、医療保険の見直しをきっかけに、中立的な立場に立って、しっかりと老後の生活の準備をするための相談をすることが出来るのが独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)です。 下記のランキングでは、あなたの立場に立って中立的な視点であなたの老後の保険の相談に無料でのってくれるところを紹介していますので参考にして頂ければと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモス 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談保険マンモス(公式サイト)




2006年09月20日 03:34