老後のライフプラン

(6)未来のキャッシュフローの予測を行う(その2)

家族が居る人にお勧めの生命保険の見直し相談です!

あなたのFP」は、お客様満足度95%の保険の人気の無料の保険相談です。「あなたのFP」は、特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるので中立的な立場でのアドバイスが貰えるのが嬉しいとことろです!

あなたのFPのバナー
公式サイトはコチラ ⇒ 【あなたのFP】無料保険相談サービス



スポンサーリンク


(6)未来のキャッシュフローの予測を行う(その2)


では、ここでは、実際にどのように記入して行くかを見ていきたいと思います。
基本的には、ダウンロードしたシートの記入例を参考にして頂いた方が分かりやすいと思いますので、
ここでは、手順を簡単に説明して行きます。


ここでの作業を行なうことで、現状のキャッシュフローを元にあなたのこれから
未来にどれくらいのお金が必要かをみていきます。




(1)家族構成 : まずは、家族の「年齢」を記入していきます。
@STEP1 父親 : **歳
↓ 母親 : **歳
↓ 子供A: **歳
↓ 子供B: **歳
↓ 子供C: **歳



(2)収入
ASTEP2 現在の収入と将来の収入をシュミレーション
↓ 現在の手取り収入を書き出す
↓ *上昇率 : デフォルト1%

BSTEP3 退職金の設定

CSTEP4 公的年金の設定
↓   → 計算は、社会保険庁のサイト

(3)支出
DSTEP5 基本生活費の算出
↓ 食費
↓ 公共料金(水道光熱費等)
↓ 小遣い
↓ 雑費
↓ その他

ESTEP6 住居費
↓ 家賃
↓ 共益費
↓ 管理費
↓ 固定資産税
↓ ローン
↓ その他

FSTEP7 教育費
↓ 学校教育費
↓ 学校外教育費(塾、家庭教師など)
↓ その他

GSTEP8 保険料
↓ 生命保険料
↓ 損害保険料
↓ 共済掛金
↓ その他

HSTEP9 一時的支出
↓ マイカー購入費用(頭金込み)
↓ 結婚資金
↓ その他

ISTEP10 その他の支出
交際費
耐久消費財の購入費
レジャー関連の費用
その他


この内容を元に未来のキャッシュフローの予想表に記入していきます。
この作業を行なう事で、将来のお金の収支を確認する事ができます。

この作業が終った段階で、もしも、未来の計画に問題があれば、すでに一覧に警告が
出て言います。次のページで、問題点を分析していきましょう。




スポンサーリンク




より良い老後の過ごし方・・・知りたいですか?




老後の生活設計(リタイアメントプラン)を考える時にオススメなのが生命保険や医療保険などの保険の無料相談です。

何故か?

理由は簡単です。
定年退職後の老後の生活に備えて生命保険・医療保険を準備するという事は、つまり、老後の生活を考え設計することとイコールだからです。
生命保険は、あなたがどのような老後の生活をしたいかと言った事を前提に、最適な保険が決定していきます。だから、定年退職後の老後の生活を考えるときには、生命保険の見直しを行うことで、自然と定年退職後の老後の生活設計も出来ていくことになります。

でも、生命保険や医療保険の見直しを保険の専門家に相談すると、保険会社が売りたい保険商品を売りつけられるのでは・・・と不安に思うかもしれません。

そのような売り込みがなく、生命保険、医療保険の見直しをきっかけに、中立的な立場に立って、しっかりと老後の生活の準備をするための相談をすることが出来るのが独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)です。 下記のランキングでは、あなたの立場に立って中立的な視点であなたの老後の保険の相談に無料でのってくれるところを紹介していますので参考にして頂ければと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモス 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談保険マンモス(公式サイト)




2007年09月03日 20:18