老後のライフプラン

(7)問題点の分析

家族が居る人にお勧めの生命保険の見直し相談です!

あなたのFP」は、お客様満足度95%の保険の人気の無料の保険相談です。「あなたのFP」は、特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるので中立的な立場でのアドバイスが貰えるのが嬉しいとことろです!

あなたのFPのバナー
公式サイトはコチラ ⇒ 【あなたのFP】無料保険相談サービス



スポンサーリンク


(7)問題点の分析


今までの作業で、あなたの未来に、どれくらいのお金が必要になってくるかが
一覧で分かるようになったと思います。

ここでは、あなたが望む老後の生活をおこなう事が可能であるかを
見極める為に問題が無いかを見ていきます。



ここで行なう確認作業の手順は、下記のようになります。


【確認手順の流れ】

@ 「未来のキャッシュフロー表」の「毎年の収支」を確認します。
   ↓↓↓↓
A 「毎年の収支」が赤字の部分がある場合は、原因を確認します。
  どの支出が赤字になる原因かを確認します。
   ↓↓↓↓
B 「未来のキャッシュフロー表」の「貯蓄残高」を確認します。
   ↓↓↓↓
C 「貯蓄残高」が赤字の年があるかを確認します。
   ↓↓↓↓
D 「貯蓄残高」が赤字になった年までの支出を確認します。
   ↓↓↓↓
E 特に支出が多いものは、何かを確認します。



問題点を明確にする為に確認点の要点は、
一覧表の一番下の

・毎年の収支
・貯蓄残高

の部分になります。



@まずは、「未来のキャッシュフロー表」の「毎年の収支」を確認します。
 もしも、赤色になっている場合には、その年の収支が赤字という事です。
 おそらく、車の購入などの大きな金額の買い物をしたのでしょう。


A次に、「毎年の収支」が赤字の部分がある場合は、原因を確認します。
 どの支出が赤字になる原因かを確認します。
 先ほども述べましたが、大きな金額の買い物などの支出があたと思います。


B次に、「未来のキャッシュフロー表」の「貯蓄残高」を確認します。
 ここが、黒い色であれば、特に気にしなくて良いでしょう。


C次に、「貯蓄残高」が赤色になっている年があるかを確認します。
 赤字になっているという事は、貯蓄がマイナスになっている事を示します。

 もしも、赤字が無い場合には、特に問題が無いので、
 現在、計画している老後の生活が問題なくできるという事になります。

 もしも、赤字である場合には、次のDに進みます。
 

D次に「貯蓄残高」が赤字になった年までの支出を確認します。
 「貯蓄残高」が赤字になっているという事は、現在、計画している
 老後の生活が、赤字になっている年から実現できないという事を表しています。


E特に支出が多いものは、何かを確認します。
 毎年の収支は、赤字になる事があってもまだいいのですが、
 貯蓄残高が赤字になると困った事になります。
 実際の生活が立ち行かなくなるからです。

 この為、もし赤字になった場合には、
 赤字になった年から現在の間の出費を見直してみましょう。
 どこで、多くの支出が発生しているかを把握しましょう。




このようにいつから問題が発生しているかを確認し、その発生した問題に対してどのように対策を講じるかが大切になってきます。まずは、赤字になるまでの年の支出を確認します。どの支出が問題があるかを確認しましょう。


現段階から、未来の生活の予測を行なっておく事で、今現在から、対策を講じる事ができますので、
これは、老後を安心して暮らしていく為に大切なことになります。


もしも、赤字になったからと言って、落ち込む事はありません、
赤字になる事を気付かずに生活していた事を思うと、
今から対策を講じれるという事は、良い発見が出来たと思えるのではないでしょうか。




もしも、
 ・ご自分で考えてもどうしたら良いか分からない。
ような場合には、専門家に相談してみる事をオススメします。


有料のサービスになりますが、老後の生活設計は、失敗すると取り返しがつきません。
もしも、30歳の時に、未来設計に失敗していた場合には、まだまだ、仕事をしている
ので、取り返しが付きますが、老後の場合には、そのような訳にもいきませんので、
専門家を利用しておく事もいい方法だともいます。



専門家に相談したい人は、こちら ⇒ 家計の見直し相談センター





スポンサーリンク




より良い老後の過ごし方・・・知りたいですか?




老後の生活設計(リタイアメントプラン)を考える時にオススメなのが生命保険や医療保険などの保険の無料相談です。

何故か?

理由は簡単です。
定年退職後の老後の生活に備えて生命保険・医療保険を準備するという事は、つまり、老後の生活を考え設計することとイコールだからです。
生命保険は、あなたがどのような老後の生活をしたいかと言った事を前提に、最適な保険が決定していきます。だから、定年退職後の老後の生活を考えるときには、生命保険の見直しを行うことで、自然と定年退職後の老後の生活設計も出来ていくことになります。

でも、生命保険や医療保険の見直しを保険の専門家に相談すると、保険会社が売りたい保険商品を売りつけられるのでは・・・と不安に思うかもしれません。

そのような売り込みがなく、生命保険、医療保険の見直しをきっかけに、中立的な立場に立って、しっかりと老後の生活の準備をするための相談をすることが出来るのが独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)です。 下記のランキングでは、あなたの立場に立って中立的な視点であなたの老後の保険の相談に無料でのってくれるところを紹介していますので参考にして頂ければと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモス 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談保険マンモス(公式サイト)




2007年09月18日 21:48