老後のライフプラン

(8)ライフプランの問題点の解決策を探る

家族が居る人にお勧めの生命保険の見直し相談です!

あなたのFP」は、お客様満足度95%の保険の人気の無料の保険相談です。「あなたのFP」は、特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるので中立的な立場でのアドバイスが貰えるのが嬉しいとことろです!

あなたのFPのバナー
公式サイトはコチラ ⇒ 【あなたのFP】無料保険相談サービス



スポンサーリンク


(8)ライフプランの問題点の解決策を探る


もしも、ライフプランの作成を行い、途中で、貯蓄残高がマイナスになってしまった
場合には、未来の計画を変更する必要が出てきます。


変更する内容とは、簡単に言うと

 ・支出を減らす
 ・収入を増やす

の2つしかありません。



実際の手順は、下記のようになります。

【確認手順】
貯蓄残高が赤字になる年がある場合に下記の手順に従って確認しましょう。

@ 「貯蓄残高」が赤字の年がいつかを確認します。
   ↓↓↓↓
A 「貯蓄残高」が赤字になった年までのライフイベントを確認します。
   ↓↓↓↓
B 「ライフイベント」を下記のように検討します。
   ・ライフイベントにかかる費用を減らす
   ・ライフイベントを延期できないか
   ・ライフイベントを取りやめれないか
   ↓↓↓↓
C 日々の生活の支出を確認します。
   ↓↓↓↓
D 日々の生活の中で無駄な出費や節約できる部分が無いかを見直します。
   ↓↓↓↓
E @〜Dまでを見直しても赤字になる場合は、収入面を見直す必要があります。
  専業主婦の妻が働きに行くか、副業をはじめるなどを行う必要があります。
  また、思い切った家計やライフイベントの見直しも必要でしょう。




では、実際に、貯蓄に赤字があった場合にどうするかを、もう少し具体的に考えてみましょう。


まずは、「貯蓄残高」が赤字になった年から現在までの支出の確認を行ないます。
赤字になる原因で一番多いのが、自動車の購入などのライフイベントに大きな支出がある事が多いです。解決策のひとつとしては、このような大きな支出を減らす方法もあります。


さらに、赤字になった場合は、下記の点を見直す必要があります。

1、ライフイベントによる支出を見直す
2、生活費、趣味や旅行などの日々の支出を見直す
3、収入を増やせないか考える
  ・専業主婦の人がパートに出かける
  ・63歳までや65歳までなど、働く年を長くする


また、日々の生活費などを見直して、家計の節約も考えると良いでしょう。


老後の支出は、生活費やライフイベント、お小遣い、趣味など色々な項目があります。
まずは、削っても良いかと思える部分から少しづつ支出を減らしていきましょう。
どこの費用を削って行くかはあなたの価値観になります。



例として、参考になるかもしれませんので、私の場合を説明しておきたいと思います。
私の場合は、まずは、ライフイベントをまず見直します。
それは、一番、大きな支出が発生している可能性があるからです。
大きな支出を削減する事ができれば、効果が大きいからです。


ライフイベントで大きなお金の金額が必要になるのが、
例えば、家の増改築、自動車の購入、海外旅行などになると思います。

このような場合には、
・家の増改築は、出来るだけ、必要最低限に納める。
・自動車の買い替えは、値段の安い自動車にする。
・海外旅行は、行く回数を減らすか、安い地域に変更する。
などの方法が考えられます。


ライフイベントに発生する支出は、出て行くお金の金額が大きいので、
少しの見直しでも家計にとっての影響は大きいです。
また、海外旅行などの場合は、家の増改築の為に海外旅行自体を
あきらめると言う選択肢もあります。




ライフイベントを見直した後は、例えば、
「生活費を毎月1万円削る」、
「お小遣いを年間で5万円抑える」
など、少しずつ調整していきます。

*支出の一覧の各項目を順番に見直して行きましょう



このように、まずは、支出を見直しますが、もしも、支出を見直しても
赤字である場合には、今度は、収入を増やす方法を考えます。


収入を増やすとは、毎月の給料を増やすと言う訳ではありません。
サラリーマンなどの場合には、不可能な人が殆どだと思います。


収入を増やすとは、生涯の収入を増やす事を指しますので、
60歳から老後だと考えていた人が63歳や65歳まで働くとか
妻が専業主婦の場合は、パートに出る必要があるかもしてません。
また、副業を行う必要が出てくるかもしれませんね。



このように、一覧を元に、どうにかして、「支出」と「収入」のバランスを取るようにします。


考えられた解決策は、さらに具体的にしていく必要があります。
まずは、思いつく内容を紙にまとめる事により、あとで優先順位を付けたり、
どうすべきかが再確認や検討ができると思います。



このような未来の老後の生活の予測を行なう場合には、現状の生活費を正確に
把握する必要があります。


つまり、家計簿をしっかりつける事になります。
そして、どこを節約すれば、○万円浮かせるかを考え、出来れば、老後を迎える
前から老後の準備を計画的にしっかりと行なうようにしましょう。



もしも、自分では、どのようにしたら良いのか、分からないと言う人の場合には、
専門家を利用する事をオススメします。

専門家に相談したい人は、こちら ⇒ 家計の見直し相談センター





スポンサーリンク




より良い老後の過ごし方・・・知りたいですか?




老後の生活設計(リタイアメントプラン)を考える時にオススメなのが生命保険や医療保険などの保険の無料相談です。

何故か?

理由は簡単です。
定年退職後の老後の生活に備えて生命保険・医療保険を準備するという事は、つまり、老後の生活を考え設計することとイコールだからです。
生命保険は、あなたがどのような老後の生活をしたいかと言った事を前提に、最適な保険が決定していきます。だから、定年退職後の老後の生活を考えるときには、生命保険の見直しを行うことで、自然と定年退職後の老後の生活設計も出来ていくことになります。

でも、生命保険や医療保険の見直しを保険の専門家に相談すると、保険会社が売りたい保険商品を売りつけられるのでは・・・と不安に思うかもしれません。

そのような売り込みがなく、生命保険、医療保険の見直しをきっかけに、中立的な立場に立って、しっかりと老後の生活の準備をするための相談をすることが出来るのが独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)です。 下記のランキングでは、あなたの立場に立って中立的な視点であなたの老後の保険の相談に無料でのってくれるところを紹介していますので参考にして頂ければと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモス 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談保険マンモス(公式サイト)




2007年10月01日 21:49