誰でも入れる生命保険の注意点

誰でも入れる無選択型終身保険の注意点

家族が居る人にお勧めの生命保険の見直し相談です!

あなたのFP」は、お客様満足度95%の保険の人気の無料の保険相談です。「あなたのFP」は、特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるので中立的な立場でのアドバイスが貰えるのが嬉しいとことろです!

あなたのFPのバナー
公式サイトはコチラ ⇒ 【あなたのFP】無料保険相談サービス



スポンサーリンク

定年退職を行い、老後を迎えるような年齢になると、死亡保障や医療保障の見直しや比較、相談を行なう場合に健康状態(血圧など)の面から、なかなか加入する事ができない場合があります。


この為、死亡保障や医療保障を見直したり、比較、相談を行なう前に、自分自身で加入できないと思い込み、判断してしまい、誰でも加入する事ができる死亡保障や医療保障に加入しようと考えてしまう場合が多いようです。


では、誰にでも加入する事が出来る死亡保障や医療保障に加入する事を選択するのが特なのでしょうか?ここでは、定年退職をして、老後を迎える人が老後の死亡保障、医療保障、の準備に使いやすい、誰でも加入する事ができる死亡保障や医療保障について考えてみたいと思います。


定年退職後の死亡保障や医療保障に加入する場合や見直しや比較、または、誰かに相談する時などにお役立て頂ければと思います。



【無選択型終身保険 (誰でも入れる生命保険)】

最近、有名な無選択型終身保険ですが、誰でも入れて良いように思いますが、注意が必要です。



無選択型終身保険とは、年齢制限のみで誰でも加入する事が出来る生命保険です。年齢は、50〜85歳、40〜80歳のように各生命保険会社によって違ってきますが、保険加入時に医師の診査や本人の告知が要らない、つまり、どのうよな健康状態(病気中、治療中、療養中)でも加入する事が出来る診査基準が極めて緩いも生命保険です。この為、一般的には、加入者を選ばずに誰でも入れる生命保険として知られており、高齢者に人気がある商品のようです。

このように、無選択型終身保険は、基本的には、誰でも入れるようになっている生命保険です。上記でもご紹介した通り、契約可能年齢や保障内容に生命保険会社によって少し違いがあります。

また、無選択型終身保険は、終身保険ですので、何歳で亡くなっても死亡保険金が貰えます。掛け捨て型では無い為、解約した場合は解約返戻金が戻ってきます。

死亡保険金額については、200万円、300万円等のように各社で差はありますが小額の保障がついています。災害で死亡した場合は、死亡保険金額が多くなる事が多いようです。この死亡保障の金額からすると、契約者が亡くなった時の葬儀費用を準備するぐらいの金額です。


このように、無選択型終身保険は、誰でも加入できる終身型の生命保険である為、一見良さそうに見えますが、注意点があります。


【無選択型終身保険の注意点】

無選択型終身保険に加入してから2年程度の間に病気で亡くなった場合には、満額の死亡保険金が支払われず、今までに払い込んだ保険料額と同じぐらいの死亡保険金が支払われます。災害で死亡した場合は満額支払われるようです。この為、加入後は、2年以上生きていないと死亡保障の意味がありません。

医療保障については、制限があり、契約してから90日などの一定期間は、入院した場合でも入院給付金は貰えず、もちろん手術も同様です。しかも、加入前からの病気による入院や手術の費用は、加入から2年間保障されないものもあります。加入前からの病気を無選択型終身保険に加入直後から保障する為の特約を用意している生命保険会社もあります。また、入院給付金の支払い日数も短めのものが多いです。

保険料については、誰でも入れるだけあって、一般の終身保険に比べて割高となっています。この為、無選択型終身保険は、終身保険であるので、長生きした場合、支払う保険料が死亡保険金よりも多くなる場合があります。


このように無選択型終身保険は、誰でも加入できるという利点はありますが、色々と制限が多い生命保険になりますので、高齢者とはいえ健康な人の場合は、他の生命保険を選択する事をお勧めします。

もし、病気等があり他の生命保険に加入する事が無理だと思われている方も、多数の生命保険会社に相談し、出来れば、無選択型終身保険以外の終身型の生命保険に加入する事をお勧めします。

無選択型終身保険以外の生命保険でも、条件付で加入が出来る場合があります。もし、他の生命保険で条件付で加入する事が可能であると分かってから、無選択型終身保険と保険料と保障内容を比べてみても良いのではないでしょうか。

はじめから、不利な条件の生命保険に加入する必要は無いと思います。少しの手間で、毎月ならたいした差は出ないかも知れませんが、1年、2年、5年、10年と年数を重ねていくと、かなりの金額の差になると思います。

もし、無選択型終身保険しか加入する生命保険がない場合は、保証内容や受け取れる保険金額と支払う保険料の総金額などをよく確認してから加入するようにしましょう。


では、次は、「生命保険を利用した相続対策」



スポンサーリンク




より良い老後の過ごし方・・・知りたいですか?




老後の生活設計(リタイアメントプラン)を考える時にオススメなのが生命保険や医療保険などの保険の無料相談です。

何故か?

理由は簡単です。
定年退職後の老後の生活に備えて生命保険・医療保険を準備するという事は、つまり、老後の生活を考え設計することとイコールだからです。
生命保険は、あなたがどのような老後の生活をしたいかと言った事を前提に、最適な保険が決定していきます。だから、定年退職後の老後の生活を考えるときには、生命保険の見直しを行うことで、自然と定年退職後の老後の生活設計も出来ていくことになります。

でも、生命保険や医療保険の見直しを保険の専門家に相談すると、保険会社が売りたい保険商品を売りつけられるのでは・・・と不安に思うかもしれません。

そのような売り込みがなく、生命保険、医療保険の見直しをきっかけに、中立的な立場に立って、しっかりと老後の生活の準備をするための相談をすることが出来るのが独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)です。 下記のランキングでは、あなたの立場に立って中立的な視点であなたの老後の保険の相談に無料でのってくれるところを紹介していますので参考にして頂ければと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモス 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談保険マンモス(公式サイト)




2006年09月19日 20:51