老後の医療保障のポイント

老後の医療保険のポイント(その1)

家族が居る人にお勧めの生命保険の見直し相談です!

あなたのFP」は、お客様満足度95%の保険の人気の無料の保険相談です。「あなたのFP」は、特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるので中立的な立場でのアドバイスが貰えるのが嬉しいとことろです!

あなたのFPのバナー
公式サイトはコチラ ⇒ 【あなたのFP】無料保険相談サービス



スポンサーリンク

ここでは、定年退職を迎え、老後に備える人の為の医療保障を加入する時にポイントを紹介しています。

まず、「その1」では、
 ・医療保障に加入する期間
 ・医療保障料の支払う期間
 ・医療保障の入院限度日数
について説明しています。

ここで説明している医療保障のポイントの内容が、あなたの医療保障の見直しや比較、または、相談する時に活用していただければと思います。


【老後の医療保険のポイント】

ここでは、定年退職後に老後のために加入する医療保険のポイントを紹介しています。
このページで紹介している内容は、特に最低限、大切な内容になります。かならずチェックしておきましょう。

この次のページに書いている内容も確認しておく事をお勧めします。


【医療保険加入期間】

医療保険の加入期間ですが、80歳までという生命保険も多くあります。もう一つが終身という一生涯保障があるという生命保険です。

これを

・定期医療保険(80歳までの保障)
・終身医療保険(一生涯の保障)

と言う形で分ける事ができます。

基本的には、80歳まで保障があれば問題無いように思いますが、平均寿命を考えると平成16年度の厚生労働省のデータによると、

・男性 : 78.64歳
・女性 : 85.59歳

です。

これを見ると、ほぼ半数以上の人が80歳以上まで生きていると考える事ができます。
この為、できれば、終身の医療保険に加入しておく事をお勧めします。


【医療保険の保険料は、終身払いか?有期払いか?】

医療保険には、

・終身払い(一生涯、保険料を払い続ける)
・有期払い(決まった、年齢・期間の間、保険料を払う)

があります。

終身払いでも、最近では、一生涯、保険料が変わらないという商品も出ています。一生涯、医療保険の保険料が変わらないのは、嬉しいことです。しかし、収入が減った、老後に毎月の保険料を払い続けるというのも辛い話です。

ここで、医療保険の終身払い・有期払いのメリット・デメリットを紹介しておきます。

・終身払いのメリット
毎月の支払う保険料が安い
早く亡くなった場合は、保険料の総支払額が安くなる
・終身払いのデメリット
一生涯、保険料を支払う必要がある
長生きした場合には、保険料の総支払額が多くなる

・有期払いのメリット
長生きした場合には、総額での支払う保険料が安くなる
一生涯、保険料を支払わなくて良い
・有期払いのデメリット
毎月の保険料が高い
早く、亡くなった場合には、支払った保険料が無駄になる

このように、終身払い・有期払いは、共にメリット・デメリットがあります。
一般的には、老後の資金に余裕がある場合には、有期払いで、早めに保険料を支払ってしまう事をお勧めします。



【医療保険の入院限度日数】

医療保険に加入する時に気になる事の1つが、医療保険で入院で何日まで保障されるかという「入院限度日数」です。最近では、病院の都合であまり長い間は、入院させてもらえないと聞くこともあると思います。

ここで、平成14年に厚生労働省が調査した患者調査というデータがあるので、調べてみました。

すると、全体の入院日数の平均は、38日程度でした。
しかし、

65歳以上は、平均53日程度
75歳以上は、平均60日程度

のように、入院日数が長くなっています。


医療保険で、入院した場合に入院給付金として、保険金を受け取る事ができる日数の条件に退院後、180日以内に同じ病気で再度、入院した場合には、最初の入院日数にプラスされます。

つまり、
1回目の入院 : 60日入院
  ↓↓↓ 120日後 ↓↓↓
2回目の入院 : 40日入院
このような場合は、1回の入院で、100日と計算されます。
もし、1回の入院で90日までしか、入院給付金がもらえない場合には、
「100日 − 90日」で、10日間分は、入院給付金が貰えなくなり、自分で負担する必要が出てきます。

この為、定年退職後で老後の医療保険の場合には、
120日以上
の保障を付けておく事をお勧めします。


では、次は、「老後の医療保険のポイント(その2)」



スポンサーリンク




より良い老後の過ごし方・・・知りたいですか?




老後の生活設計(リタイアメントプラン)を考える時にオススメなのが生命保険や医療保険などの保険の無料相談です。

何故か?

理由は簡単です。
定年退職後の老後の生活に備えて生命保険・医療保険を準備するという事は、つまり、老後の生活を考え設計することとイコールだからです。
生命保険は、あなたがどのような老後の生活をしたいかと言った事を前提に、最適な保険が決定していきます。だから、定年退職後の老後の生活を考えるときには、生命保険の見直しを行うことで、自然と定年退職後の老後の生活設計も出来ていくことになります。

でも、生命保険や医療保険の見直しを保険の専門家に相談すると、保険会社が売りたい保険商品を売りつけられるのでは・・・と不安に思うかもしれません。

そのような売り込みがなく、生命保険、医療保険の見直しをきっかけに、中立的な立場に立って、しっかりと老後の生活の準備をするための相談をすることが出来るのが独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)です。 下記のランキングでは、あなたの立場に立って中立的な視点であなたの老後の保険の相談に無料でのってくれるところを紹介していますので参考にして頂ければと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモス 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談保険マンモス(公式サイト)




2006年09月19日 20:47