老後の死亡保障のポイント

老後の死亡保障のポイント

家族が居る人にお勧めの生命保険の見直し相談です!

あなたのFP」は、お客様満足度95%の保険の人気の無料の保険相談です。「あなたのFP」は、特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるので中立的な立場でのアドバイスが貰えるのが嬉しいとことろです!

あなたのFPのバナー
公式サイトはコチラ ⇒ 【あなたのFP】無料保険相談サービス



スポンサーリンク

老後の死亡保障で必要になるのはどのような保障内容でしょうか?


死亡保障は、定年退職前の現役時代に必要な死亡保障と、定年退職後の老後に必要となる死亡保障で準備しておく必要がある保障額に違いがでてきます。特に子供が居た時と比べると、死亡保障では、かなりの金額の違いになります。


ここでは、この老後の死亡保障について、ポイントを上げて説明しています。
死亡保障のポイントを参考に死亡保障の見直しや比較を行なう時の参考にして頂ければと思います。また、誰かに死亡保障について相談する時も参考にして頂ければと思います。


あなたにとって、無駄の無い、最適な死亡保障に加入できる為の参考にして頂ければ幸いです。



【老後の死亡保障】

老後の死亡保障で用意しておく金額は、働いて子育てをしていた時に比べるとかなり少なくなります。

何故かといますと、まだ若いときには、もし一家の大黒柱である夫が亡くなった場合に残された家族の生活費や子供の学費などに多くのお金が必要になります。この為、それなりの死亡保障を用意して、子供が独立するまでの費用、その後の妻の生活費用を用意する必要がありました。



しかし、老後を迎える時期になった時には、ほとんどの家庭では、子供は独立している為、子供の為に用意しておく必要があるお金は無くなります。
妻に関しては、老後を迎えると公的年金の支給がありますので、若いときに比べて残しておく必要があるお金はほとんど無くなります。



また、妻の為に残す必要があるお金が必要と考えられる合も基本的に妻に必要なお金は生活費になりますので、死亡保障で用意するのでは無く、個人年金保険などで考える方が良いでしょう。もし、夫の死亡保障で妻の生活費を用意しようと思った場合、夫と妻のどちらが先に他界するか分かりませんので、意味が無い死亡保障になる可能性があります。これは、妻と夫の立場が逆で、妻が一家の大黒柱であるご家庭でも同じ事が言えます。



ここで、上記の内容を分かりやすくまとめてみました。
夫の死亡保障で用意しておく内容を
・30代・40代で子供が居る場合
・老後を迎えた場合
で見比べてみます。


30代・40代で子供が居る場合には、
・自分の葬儀費用
・妻の生活費
・妻の老後の生活費
・子供の生活費
・子供の教育費用
が必要になります。

老後を迎えた場合には、
・自分の葬儀費用
が必要になります。

「妻の老後の生活費」については、死亡保障では無く、個人年金保険などで用意します。
このように見比べると、実際に金額を提示するまでも無く、老後になると死亡保障の必要性が下がる事がお分かり頂けると思います。



では、次に老後の死亡保障で用意しておくべき内容について、考えてみましょう。


【老後の死亡保障】

上記でもご説明しましたが、
老後を迎えた場合には、

・自分の葬儀費用

が必要になります。

また、ご家庭によっては、相続対策の費用を考える必要があるご家庭があると思います。
しかし、ここで、相続対策まで考え出すと、話がややこしくなりますので、相続対策については、「生命保険を利用した相続対策」のページにてご説明させて頂きます。


このように見ていくと、老後の死亡保障で必要なものは、

・自分の葬儀費用

のみになりました。
もし、老後までにまだ日数がある、とか、まだ、子供が居る場合には、死亡保障でそれなりの保障を準備しておく必要があるかも知れません。
そのような人の為に次のページで、家族に対しての死亡保障について説明しておきます。


では、自分の葬儀費用には、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか。それは、もちろん人により違ってきますが、一般的に言われている金額の場合

300万円

になります。
また、幅を持たせた場合には、
200万円 〜 500万円
になります。



このように一般的には、葬儀費用のみ用意すれば良いので、生命保険で用意する必要がある金額は、300万円になります。


もし、葬儀費用以外にも必要な内容がありましたら、この葬儀費用を基準に各自が必要な内容を追加して、その金額をプラスしていけばいいです。

つまり、内容で見ると

葬儀費用 + 各自で必要と思う内容

になり、


金額にすると

300万円(葬儀費用) + 必要な金額(各自で必要と思う内容)

になります。


また、補足ですが、300万円の葬儀費用を預貯金で用意できる場合は、必要な死亡保障は亡くなります。

最後に、最近では、自分の葬儀内容を自分で生前に決めておく事をする人も増えていますので、自分の葬儀内容をご自分で決めてみるのも良いかもしれません。
また、自分の葬儀内容を自分で決めるまでもしなくても、実際に自分の葬儀をする時にどれくらいの費用がかかるかを前もって調べておく事で、今回ご紹介しました葬儀費用の300万円が、もっとはっきりとご自分で必要な金額が把握できるようになります。


では、次は、「家族の為の死亡保障」



スポンサーリンク




より良い老後の過ごし方・・・知りたいですか?




老後の生活設計(リタイアメントプラン)を考える時にオススメなのが生命保険や医療保険などの保険の無料相談です。

何故か?

理由は簡単です。
定年退職後の老後の生活に備えて生命保険・医療保険を準備するという事は、つまり、老後の生活を考え設計することとイコールだからです。
生命保険は、あなたがどのような老後の生活をしたいかと言った事を前提に、最適な保険が決定していきます。だから、定年退職後の老後の生活を考えるときには、生命保険の見直しを行うことで、自然と定年退職後の老後の生活設計も出来ていくことになります。

でも、生命保険や医療保険の見直しを保険の専門家に相談すると、保険会社が売りたい保険商品を売りつけられるのでは・・・と不安に思うかもしれません。

そのような売り込みがなく、生命保険、医療保険の見直しをきっかけに、中立的な立場に立って、しっかりと老後の生活の準備をするための相談をすることが出来るのが独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)です。 下記のランキングでは、あなたの立場に立って中立的な視点であなたの老後の保険の相談に無料でのってくれるところを紹介していますので参考にして頂ければと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモス 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談保険マンモス(公式サイト)




2006年09月19日 20:49