健康保険の定年退職後の手続き

ここでは、定年退職後に、どのような手続きを行なう必要があるのかを説明しています。また、選択肢が色々と有りますので比較検討してから手続きを行なうと良いと思います。

どの健康保険に加入すべきか(その1)

ここでは、定年退職後の老後に加入する事が出来る種類を紹介していますので、比較や見直しに使っていた田Kればと思います。また、実際にも申込を行なう場合に必要となる、それぞれの申込期限、申込場所、申込時に必要な物を説明していますので、申し込みに行く場合に参考にして頂ければと思います。

どの健康保険に加入すべきか(その2)

ここでは、定年退職後に再就職するか再就職しないかを基準に説明しています。再就職する場合と、再就職しない場合でも手続きに違いが出来てきます。また、どのような種類に申し込む事ができるかも説明しています。それぞれの内容については、このページ以降で紹介していきます。

定年退職後に国民健康保険に加入する場合

ここでは、定年退職後の老後に国民健康保険に加入する場合を説明します。
ここでは、どのような手続きをいつまでに、何処に申請する必要がるのかを説明しています。

定年退職後に任意継続の健康保険に加入する場合

ここでは、定年退職後の老後に今までに加入していた健康保険を任意で継続する場合を説明します。
ここでは、どのような手続きをいつまでに、何処に申請する必要がるのかを説明しています。

定年退職後に家族の被扶養者として家族の健康保険に加入する場合

ここでは、定年退職後の老後に家族の誰かが働き、健康保険に加入している場合に被扶養者となる方法を説明しています。ここでは、どのような手続きをいつまでに、何処に申請する必要がるのかを説明しています。

定年退職後に国民健康保険の退職者医療制度に加入する場合

ここでは、定年退職後の老後に国民健康保険の退職者医療制度に加入する場合を見て行きます。
ここでは、どのような手続きをいつまでに、何処に申請する必要がるのかを説明しています。

定年退職後に健康保険の特例退職者医療制度に加入する場合

ここでは、定年退職後の老後に健康保険の特例退職者医療制度に加入する場合を見て行きます。
ここでは、どのような手続きをいつまでに、何処に申請する必要がるのかを説明しています。