健康保険の定年退職後の手続き

定年退職後に任意継続の健康保険に加入する場合

家族が居る人にお勧めの生命保険の見直し相談です!

あなたのFP」は、お客様満足度95%の保険の人気の無料の保険相談です。「あなたのFP」は、特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるので中立的な立場でのアドバイスが貰えるのが嬉しいとことろです!

あなたのFPのバナー
公式サイトはコチラ ⇒ 【あなたのFP】無料保険相談サービス



スポンサーリンク

ここでは、定年退職後の老後に今までに加入していた健康保険を任意で継続する場合を説明します。
ここでは、どのような手続きをいつまでに、何処に申請する必要がるのかを説明しています。


【A「在職中の健康保険を引き継ぐ」】


定年後に在職中の健康保険を引き継いで加入する場合には、申込期限を特に気にする必要があります。国民健康保険の場合は、遅れて申請しても加入する事が可能ですが、在職中の健康保険を任意継続する場合には、退職日の翌日から20日以内という日付を守らないと加入できなくなります。

申請する場所は、住んでいる地域を管轄している社会保険事務所か在職中に加入していた健康保険組合になります。申請時に必要なものは、国民健康保険被保険者資格届、退職日を証明する書類(健康保険被保険者資格喪失証明書など)、印鑑、住民票(申請先により要らない場合がある)になります。

在職中の健康保険を継続する為には、退職する前日までの2ヶ月間において、健康保険の被保険者である事が必要になります。任意継続の健康保険に加入が出来た場合でも、一生加入が可能という訳ではありません。最長でも2年間です。

任意継続の健康保険に加入した場合には、在職中に支払っていた金額の2倍の保険料を支払う必要があります。これは、会社に勤めていた時は、会社が半分負担していた為です。しかし、保険料の上限額は、平成17年の金額で年額が約8万円です。

この為、会社からの負担が無くなったとしても、高額な給料を貰っていた人の場合なら国民健康保険に加入するよりも保険料の負担額が軽くなります。

任意継続の健康保険の一番の注意点は、保険料の支払いについてです。保険料の支払いは、毎月1日〜10日の間ですが、1日でも遅れると保険加入の資格を失ってしまいます。この点は十分に注意が必要です。




スポンサーリンク




より良い老後の過ごし方・・・知りたいですか?




老後の生活設計(リタイアメントプラン)を考える時にオススメなのが生命保険や医療保険などの保険の無料相談です。

何故か?

理由は簡単です。
定年退職後の老後の生活に備えて生命保険・医療保険を準備するという事は、つまり、老後の生活を考え設計することとイコールだからです。
生命保険は、あなたがどのような老後の生活をしたいかと言った事を前提に、最適な保険が決定していきます。だから、定年退職後の老後の生活を考えるときには、生命保険の見直しを行うことで、自然と定年退職後の老後の生活設計も出来ていくことになります。

でも、生命保険や医療保険の見直しを保険の専門家に相談すると、保険会社が売りたい保険商品を売りつけられるのでは・・・と不安に思うかもしれません。

そのような売り込みがなく、生命保険、医療保険の見直しをきっかけに、中立的な立場に立って、しっかりと老後の生活の準備をするための相談をすることが出来るのが独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)です。 下記のランキングでは、あなたの立場に立って中立的な視点であなたの老後の保険の相談に無料でのってくれるところを紹介していますので参考にして頂ければと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモス 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談保険マンモス(公式サイト)




2006年09月20日 05:28