老後の資金と相続を考える(個人年金)

個人年金保険等の注意点(加入前にチェック)(その2)

家族が居る人にお勧めの生命保険の見直し相談です!

あなたのFP」は、お客様満足度95%の保険の人気の無料の保険相談です。「あなたのFP」は、特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるので中立的な立場でのアドバイスが貰えるのが嬉しいとことろです!

あなたのFPのバナー
公式サイトはコチラ ⇒ 【あなたのFP】無料保険相談サービス



スポンサーリンク

ここでは、個人年金を加入する前に知っておいて欲しい個人年金の注意点を紹介しています。また、養老保険や終身保険などの生命保険を使っての老後資金の確保時の注意点も紹介しています。


【個人年金保険の種類選びの注意点】

先にも述べましたが、個人年金保険の種類には、下記のようなものがあります。

 ・終身年金
 ・確定年金
 ・有期年金
 ・夫婦年金

この商品は、それぞれ特徴があります。
この特徴を十分に理解した上でどの種類の個人年金保険に加入するかを決めてください。
老後がもうすぐそこまで来ている人が終身年金に加入するのは得策とは言えないかもしれません。ただでさえ、終身年金は、保険料が高く支払った保険料を取り戻すまでに長い年数がかかるからです。実際にあなたに必要な老後の資金を考慮し、どの種類の個人年金保険に加入するか、加入しないかを決める事をお勧めします。



【個人年金保険の利回りの注意点】

・実質利回りの確認
個人年金保険は、貯蓄の為の生命保険です。しかし、貯蓄の為に加入したのに、実際に受け取る時になったら、支払ったお金より受け取る金額が少なくなっている可能性があります。このような場合だと、預貯金や元本保証の投資信託や国債などで運用した方が良かったのではという事になってしまいます。

この為、個人年金保険に加入うる前に

・総支払い保険料の金額
・最低限受け取れる保険金額
・死亡した時に受け取れる金額
・解約したときに受け取れる金額

をしっかりと確認しておきましょう。
この4点を確認し、実質の利回りを計算し、十分に利益が出るか確認する必要があります。これは、銀行で言う金利と保険会社が言う予定利回りの計算方法が違う為に確認する必要が出てくるのです。



【変額年金・定額年金の注意点】

変額年金の説明時にもご紹介しましたが、
市場金利が低い時には、保険の利回りも低くなりますので、変額年金の方が有利になります。何故かと言いますと、変額年金の場合、ある決められた期間ごとに予定利率が変更されます。この変更に伴い、市場金利が上昇するにつれて、予定利率が上がっていくためです。逆に予定利率が高い時に変額年金に加入すると市場金利が下がると伴に、予定利率も下がりますので損をする事になります。

これに比べて、
定額年金の場合は、定額年金へ加入した当初の予定利率が維持されます。この為、金利が低い時に加入すると、市場金利が上昇しても、定額年金の利回りは低いままなので、損をします。しかし、市場金利が高く、予定利率が高い時に加入すると、その後、市場金利が低下して、まわりの保険商品の予定利率が低下したとしても、加入時の予定利率が適用されるために、高い予定利率が維持されるので特をする事ができます。



このように変額年金と定額年金の違いがありますが、変額年金に加入するか、定額年金に加入するかは、ご自身で十分に判断がつくと思います。

ここで、改めてお伝えしたいのが、変額年金に加入する場合です。
いくら金利が低いとはいえ、変額年金という商品の特徴から元本割れを起こす可能性はゼロという事にはならないという事です。運用に失敗すれば、元本割れを起こします。この点のリスクを十分に認識しておいてください。

変額年金は、リスクがある商品ですので、すぐに使う事になるお金を利用する事はやめましょう。少なくても10年以上利用しない資金を元に行う事をお勧めします。




スポンサーリンク




より良い老後の過ごし方・・・知りたいですか?




老後の生活設計(リタイアメントプラン)を考える時にオススメなのが生命保険や医療保険などの保険の無料相談です。

何故か?

理由は簡単です。
定年退職後の老後の生活に備えて生命保険・医療保険を準備するという事は、つまり、老後の生活を考え設計することとイコールだからです。
生命保険は、あなたがどのような老後の生活をしたいかと言った事を前提に、最適な保険が決定していきます。だから、定年退職後の老後の生活を考えるときには、生命保険の見直しを行うことで、自然と定年退職後の老後の生活設計も出来ていくことになります。

でも、生命保険や医療保険の見直しを保険の専門家に相談すると、保険会社が売りたい保険商品を売りつけられるのでは・・・と不安に思うかもしれません。

そのような売り込みがなく、生命保険、医療保険の見直しをきっかけに、中立的な立場に立って、しっかりと老後の生活の準備をするための相談をすることが出来るのが独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)です。 下記のランキングでは、あなたの立場に立って中立的な視点であなたの老後の保険の相談に無料でのってくれるところを紹介していますので参考にして頂ければと思います。



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモス 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談保険マンモス(公式サイト)




2007年02月27日 12:51