公的な健康保険制度

定年退職後の公的な健康保険(公的な医療保険)

定年退職後の健康保険は、今まで加入していた健康保険の資格が無くなる為に、自分で新しく健康保険に加入する手続きをする必要がある場合があります。

公的な健康保険の適用を受けれる人

ここでは、会社などに勤めている、会社員の人達の健康保険制度である、健康保険組合の健康保険の適用を受けれる人について説明しています。

公的な健康保険の保障内容

ここでは、会社員の人達が加入している公的な健康保険でどのような保障が用意されているかを説明しています。

国民健康保険の低起用を受けれる人

ここでは、自営業やフリーの人達の健康保険制度である、国民健康保険について国民健康保険の適用を受けれる人について説明しています。

国民健康保険の保障内容

ここでは、国民健康保険で受けることが出来る保障内容について説明しています。

高額療養費制度で支払った医療費が戻ってくる

健康保険では、健康保険が適用範囲の治療を受けた場合に、自己負担で支払う医療費の上限が決められています。ただし、一度、自分で高額な医療費を支払う事になりますが、申請すると自己負担の上限以上の医療費が戻ってきます。

会社員が病気やケガで働けなくなった場合に生活費の手当金が貰える

ここでは、会社に勤めている人が病気やケガで働けなくなった時に生活費としてもらえる「傷病手当金」について説明しています。定年退職前の人や再就職をした人の場合には、対象になりますので、もし、病気やケガで働けなくなった場合には、利用できるか検討してみましょう。

医療費の自己負担額の法改正について(2006年10月)

ここでは、健康保険制度の変更が2006年10月1日にありましたので、この健康保険の変更点の医療費の自己負担率の変更について説明しています。

医療費の自己負担限度額の制度改革(2006年10月)

ここでは、健康保険の医療費の自己負担する金額の限度額が2006年10月1日から変更になる変更になります。この点について説明しています。